目的別活用例 エリアターゲティングを使って、効率的なアプローチを。 API Key のお申込み

支店・支社が複数あるが、地元にもっとアピールしたい

「どこどこJP for Movable Type」を利用すれば、ユーザーの位置情報より、地域にあったコンテンツを表示させることができます。

大阪からのアクセスであれば、大阪の支店・支社の情報を、名古屋からのアクセスであれば、名古屋の支店・支社の情報をと地域に添った情報提供ができます。

エリアターゲティングができる「どこどこJP for Movable Type」は地元にアピールしたいというニーズに最適なツールです。

支店・支社が複数あるが、地元にもっとアピールしたいイメージ

リスティング広告での効果を上げたい

リスティング広告を利用し、ランディングページを作ってはみたものの全国向けのものでターゲットが絞りきれず、離脱率が高くなり費用対効果が低い。

また、リスティング広告のエリアターゲティングを利用すると異なったランディングページごとのURLを追加していくため管理しきれないということもよくあります。

「どこどこJP for Movable Type」を利用し、ひとつのURLを指定しておけば、自動的に地域に即したコンテンツに自動切換えされるので、ターゲットを絞ることができ、管理の煩雑な作業からも解放されます。

ランディングページもMovable Typeの管理画面内で作成できますので、ランディングページ作成・管理の手間も軽減します。

リスティング広告に欠かせないLPOの手法のひとつであるエリアターゲティングを、簡単に利用できるのが「どこどこJP for Movable Type」です。

海外向けページへの表示切替えを自動化したい(実装予定)

英語表記と日本語表記のボタンをつけて、ユーザーにそれぞれの言語に合わせて選んでもらうというサイトはよく見かけられます。

他にサブドメインなどを使い、国によって違うURLを利用するという手法もあります。

「どこどこJP for Movable Type」を利用すれば国別での地域識別もできますので、同じURLにアクセスし、クリックなしで国ごとに違う言語で表示をすることが可能です。

海外向けページへの表示切替えを自動化したいイメージ

お問い合わせ

ページ先頭へ