業種別活用例 ユーザーの地域にマッチしたコンテンツで、ダイレクト訴求。 API Key のお申込み

飲食業

複数の店舗展開をされている場合は、アクセスユーザーの位置情報を取得し、ユーザーの所在地に一番近い店舗の情報を提供することができます。ユーザーに手間をとらせることなく、最適な情報を提供できます。

また、実店舗の他に通信販売をされている場合、店舗近隣のユーザーには店舗情報を、遠方のユーザーには通信販売のコンテンツを表示させることなどということも可能です。

飲食業イメージ

法律・経営関連業

弁護士・司法書士・税理士・経営コンサルタント等、顧問先を決める際、インターネットで検索するのがなかば常識という時代になりました。インターネットでは「対応エリア内」の顧客だけでなく、「対応圏外」の顧客を取り込めるチャンスがあります。

「どこどこJP for Movable Type」をご利用されれば、「対応圏内」のユーザーには「対応圏内」であることをアピールするコンテンツを表示。「対応圏外」のユーザーには、電話やメールでの顧問サービスなどでの対応サービスを行っているというコンテンツを表示させれば「対応圏外」のユーザーの取り込みも見込めます。

法律・経営関連業イメージ

教育・学習支援業

例えば大学の進学相談会情報をユーザーの地域のコンテンツへと切り替え、各地域の入学希望者に必要な情報をユーザーの手を煩わすことなく提供できます。

同じように、塾や専門校でも複数の教室展開をされている場合、ユーザーの所在地に一番近い教室の情報を提供することができます。

教育・学習支援業イメージ

保険関連業

保険相談や資料請求など、インターネットからの申込みが増え、多くの業者様はランディングページなどを駆使して顧客を獲得されています。

「どこどこJP for Movable Type」を利用し、ランディングページを地域属性に添ったものが表示されるようになれば、ユーザーの手間が省け離脱率減少が見込まれます。

LPOの手法のひとつであるエリアターゲティングを活用してください。

保険関連業イメージ

ECサイト運営

ECサイトは全国に向けて運営されていますが、北海道と沖縄では地域属性が変わります。

例えばアパレル系のECサイトを運営されているという場合、北海道と沖縄では気温差がありますので、次の季節のものを求める時期に違いがあります。通常の店舗であれば、各地方の季節に合わせた商品を並べることができますが、全国に向けたECショップではできません。

しかし、「どこどこJP for Movable Type」を利用すれば、店舗と同様に各地方の季節に合わせた商品を表示することが可能になります。

食品系のECサイトにおいても同様に、各地方の季節に合わせた商品を表示させることで、ユーザーのニーズにマッチし、競合ECサイトとの差別化を図ることができます。

ECサイト運営イメージ

WEB制作会社

「どこどこJP for Movable Type」をご利用になれば、手間をかけることなくエリアターゲティングに対応したサイト構築ができます。

制作だけでなくエリアターゲティングをうまく活用し、クライアントのニーズに添ったを提案をすることで、他社WEB制作会社との差別化を図れます。

飲食業イメージ

お問い合わせ

ページ先頭へ